トップ / 相続税対策は早めが大事

不動産投資の情報

不動産による相続税対策 

2015年1月1日より相続から相続税の基礎控除が縮小されることになりました。そもそも相続税は財産を相続すれば掛かるというわけではなく、一定額を超えた時に相続税が掛かってきますのでその時は相続税対策が必要になります。不動産は財産の多くを占めるもので、現金ならそのままの金額ですが、こちらは「評価額」になりますのでさまざまなことが違ってきます。その評価額は実際の価格よりも低い路線価や固定財産税評価額によって決められます。相続税対策として現金を不動産投資することで評価額を抑えることが出来ます。

みんなで大家さんになりましょう 

不動産投資をしてみませんか。みんなで大家さんになりましょう。不動産は人が生きている間には必ず必要となるものですので、大家さんという職業はなくなる事がありません。住みたくなる家をプロデュースすることで入居者を呼び込むことができますし、入居者に喜ばれつつ、自分にも収入ができるという事で地域社会に貢献をしながら、非常に有意義な職業の一つであります。みんなで大家さんになり、より多くの方へ貢献し、よい社会を作っていきましょう。