トップ / 私設年金として不動産を

不動産投資の情報

老後を支える私設年金 

資産形成や資産運用を活用した私設年金の注目が高まっています。というのも、現役世代が年金世代を支える仕組みとなっている年金は、少子高齢化が進む現状において危機的な状況にあり、公的年金だけで老後の資金を賄うには不安がるからです。資産形成の方法としては、株式投資・投資信託、保険商品、外貨預金、不動産投資などがあります。特に不動産投資は、家賃収入が安定的に得られ、節税効果やインフレ対策など、様々なメリットがあります。これらの私設年金づくりは、現役世代の時から着々と準備をしておくのが重用です。

収益不動産で私的年金 

日本は世界有数の長寿社会です。しかし、一方で、公的年金の受給年金引き下げなど、老後の安心は、自分の力で守らなければいけません。 収益不動産を持つことができれば、働かなくなっても、毎月安定した家賃収入が入ってくるので、私的年金としては最適です。 収益不動産の魅力は、不動産の資産価値そのものを収益力に変えることができる点です。 初期投資の資金は、資産価値を担保に借入金で資金調達し、家賃収入で返済をすれば、少ない手元資金でも始められます。