トップ / 不動産の相続に関すること

不動産投資の情報

不動産の相続に関して 

不動産を手に入れる方法は色々ありますが、相続で土地や建物を入手することがあります。その時は色々な手続きが必要で、うまく対処をしないと大きな問題になることがあります。相続で土地や建物などの不動産を手に入れた時は、法律や税金の問題が発生します。そういう法律や税金の問題は手続きが複雑なので、素人には上手く対応できない場合が多いです。そのような問題が発生した時は法律や税の専門家に相談をし、適切な対応を依頼した方がいいです。特に遺産の問題は早めに対応しないと、ペナルティーを受けることがあるので注意が必要です。

不動産相続と名義変更について 

家や土地などといった不動産を相続した場合には、 相続人全員でよく話し合ってから決めるようにし、遺産分割協議書を作成して家や土地などの登記事項の名義変更をするようになります。登記に必要となる書類としましては、あらかじめ自分たちで作成しておいた遺産分割協議書と不動産の固定資産評価証明書や全部事項証明書それから、亡くなった人の戸籍謄本と亡くなった人の住民票の除票も準備しておく必要があります。それから、名義変更をする本人(複数人の場合には全員分)の住民票と印鑑証明書(複数人の場合には全員分)を準備する必要がございます。

不動産投資