トップ / 不動産の売買に関すること

不動産投資の情報

買い手が付きやすい不動産売買 

不動産は高額な取引となるため売却するにも簡単ではない場合があります。業者に依頼して買い取ってもらう場合にはスムーズに進みますが、仲介をする場合には金額によって売買が難しくなります。効率よく売却するには買い手に興味を持ってもらう必要がありますが、そのための手段として仲介手数料を無料で取引をする方法があります。不動産は業者を仲介すると手数料が発生しますが、価格が高いために高額な手数料が必要です。買い手側からは手数料をとらないことで売買をスムーズに行えるのです。売り手側はこれまで通り手数料の支払いがありますので、仲介業者と買い手にはメリットが多いサービスなのです。

不動産の売買は慎重な根回しから 

不動産の売買は、価格自体が大きく、契約締結後の解除、訴訟等のトラブルも些細でないため、売主には売買における一定の知識が不可欠となります。まず価格については、相場を知ることから始めます。そうして自分なりにチェックして不動産会社に査定してもらうわけですが、そのことも含め信頼できる業者選びが重要となります。そうして媒介契約を交わし売り出すことになるわけですが、売却価格の設定や販売法、告知など買い手を付けるために重要なポイントがいくつもあります。その後、購入希望者が名乗りを挙げたら、物件情報を可能な限り詳細まで開示することが重要です。晴れて契約締結となり、引き渡しに至った後も、登記申請、税務申告など重要事項は残されています。

不動産投資